So-net無料ブログ作成

映画63「清須会議」 [映画]

映画「清須会議」を以前に観る。

 三谷幸喜が17年ぶりに手がけた小説を自らメガホンを握り、映画化。織田信長亡き後、その家臣たちが集まり、後継者問題や領地の配分を決めた、清須会議。日本史上、初めて合議によって歴史が動いたとされる、同会議に参加した人々、それぞれの思惑など、入り乱れる複雑な心情が明らかになる。三谷にとっては本作が初の時代劇。
=STORY=
 天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐのは誰か……。後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、最愛の息子を死なせた秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいくのだった。そんな中、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に“清須会議”が開かれる。会議に出席したのは、勝家、秀吉に加え、勝家の盟友で参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)の4人。様々な駆け引きの中で繰り広げられる一進一退の頭脳戦。騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合っていく……。

 三谷監督らしく時代劇でも笑える分と集中して観るシーンが見事に融合していた。何よりキャストが豪華!だが、いつもより歴史作品だからか、三谷テイストではあっても大人しい目の感じがした。
大泉洋ちゃん演じる豊臣秀吉中心に話しが進み、性格が正反対の猛者である役所広司さん演じる柴田勝家の対照的なのがいい。二人ともキャラ良くそこを取り巻く個性的なメンバーも本当に良かった。男性陣では小日向さんや伊勢谷くんがステキだった。女性陣は秀吉の妻・寧役の中谷美紀ちゃんは、どんな役でも似合うし素敵!鈴木京香さんもインパクトのある役だった。
 三谷作品だからこそのメンバーと面白さがマッチした映画でした。
131219+清須会議.jpg

 今年もあとわずか。年内の出来事が書ききれず、来年へ持ち越しだが、今年もお付き合い頂きありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いします。

 皆さまにとって素敵な年が迎えられますように[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画62『劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇』 [映画]

映画『劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇』
“SPEC”と呼ばれる特殊な力を持った者たち(=SPECホルダー)と、特殊な事件を専門に扱う「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」の特別捜査官たちとの戦いを描く、戸田恵梨香&加瀬亮主演の人気ドラマの劇場版。特殊な力で世界を裏側から操ってきたSPECホルダーと警察との戦いに終止符が打たれる完結編の後編。

世界を揺るがすSPECホルダーたち。人類の危機を救うため、秘められていたSPECが覚醒した当麻紗綾(戸田恵梨香)との間で戦いが繰り広げられる。新旧SPECホルダー総登場で向かう究極の結末。“シンプルプラン”、“ファティマ第3の予言”、“ソロモンの鍵”……。全ての謎が明らかになる。当麻と瀬文、そして人類の運命は?……それは終焉の始まり。

 後篇は世界の終わり、天変地異を掛けての戦いで話が壮大になっていった(笑)
神との戦い中心なので、警視庁の上の塔でのシーンが多かった。ストーリーがそういう展開になったかぁ・・という感想でそれはそれで私は嫌いな世界観ではないのでいいがちょっと疎外感を感じ盛り上がりに欠ける。だが、ラストは何かいい感じで終着した気がする。名古屋のタレント多々木さんも美味しい役で出演されてました。
 瀬文と当麻の絆、SPEC達と当麻との絆などを感じ、また大切なものを考えさせられる映画でした。
131205+SPEC+爻ノ篇.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日のイケメン [食]

今回のイケ麺は、
友人からお薦めしてもらって前から行きたかった味噌ラーメンの推しの『八龍』
131212 八龍.jpg
札幌に本店を構えるメニューはラーメン5種類と少しのサイドメニューのお店。
こじんまりとしたお店だが、みんな良く知ってるね!待ちの列が出来るほど。
でもそれも納得!
味噌味がくどくなくスープが良く飲めるし麺とも合う。
また通いたいお店となる。

もう1軒は、以前にも紹介した“塩”が食べたい時に行く『一龍』
131226 一龍 塩.jpg
黄金色に輝く透き通るスープが綺麗であっさりと食べられる!

どちらも美味しいラーメン店でした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

舞台61 野田MAP「MIWA」 [観劇]

 野田MAP「MIWA」を以前に観に行く。

何が起こる?何かが起こる!?“NODA meets MIWA!!”
劇作家として、常に挑み続けてきた野田秀樹が、今秋、新たに自らに課した大いなる
挑戦とは、“今、まさにこの世を生きる実在の人物をモチーフに新作を描くこと。”
NODA・MAP第18回公演は『MIWA』。そのまさかの“美輪明宏”。
野田秀樹が仕掛ける、あまりに不敵で大胆な演劇の遊戯に、最高の役者陣が集結。

 大阪公演千秋楽を観る事が出来た。
131201野田MAP+MIWA千秋楽.jpg
今回の舞台も見た目簡素だが、さすが野田マジック!回転したり方向変えたりで、色んな風景が見えてくる。そして野田さん得意の紙や布を使った演出や早替えなど面白い演出ばかり!それに衣装もいつもよりは奇抜ではなかったがイメージや雰囲気に合っていて良かった。何よりストーリーの解釈!「美輪明宏」というとてつもない存在を題材にどう挑むのか!期待してしまってもそれを裏切らない舞台で、どの野田作品よりも分かりやすかった(笑)
131201『MIWA』.jpg
 舞台を観る前にBSで放送されていた美輪さんに主演の宮沢りえちゃんがインタビューするTVを見ていたので美輪さんの生い立ちなども紹介されていたので、より一層舞台を楽しむ事が出来た。

キャストみんなが個性的で魅力がある中、宮沢りえちゃんと古田新太さんの使い方がお見事!なるほどの設定で「MIWA」って感じだった。
やっぱり野田秀樹さんはどこまでも元気ですごい人だと思わせてくれる舞台でした!!
131201+MIWA.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

映画60『劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇』 [映画]

『劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇』『劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇』で完結を迎える同シリーズ。
連続ドラマの前日譚である「SPEC~零(ゼロ)~」が放送されるなど、劇場公開まで「SPEC~祭~」としてさまざまなイベントや企画が開催。

『劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇』は11月1日より、『劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇』は11月29日より全国東宝系にて公開

“SPEC”と呼ばれる特殊な力を持った者たち(=SPECホルダー)と、特殊な事件を専門に扱う「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」の特別捜査官たちとの戦いを描く、戸田恵梨香&加瀬亮主演の人気ドラマの劇場版。特殊な力で世界を裏側から操ってきたSPECホルダーと警察との戦いに終止符が打たれる完結編の後編。

=STORY=
世界を揺るがすSPECホルダーたち。人類の危機を救うため、秘められていたSPECが覚醒した当麻紗綾(戸田恵梨香)との間で戦いが繰り広げられる。新旧SPECホルダー総登場で向かう究極の結末。“シンプルプラン”、“ファティマ第3の予言”、“ソロモンの鍵”……。全ての謎が明らかになる。当麻と瀬文、そして人類の運命は?……それは終焉の始まり。

 やっと観れた。前後編だけに早く見ないと乗り遅れそうで、TVでも映画「天」やエピソード「零」を見て万全の態勢で挑む。
前後編だけに丁寧に描かれていた感じ、本編盛り上がってきての後篇へって感じでこの先が楽しみ。
そして前篇終了して後篇の予告が流れて場内が明るくなる。エンドロールがないのが衝撃的だった。そりゃそうかも。前篇後篇を通して1つの作品と徹底されてるのもまた良かった。
後半を楽しみにしたい。
131205+SPEC+漸ノ篇.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クリパ&忘年!?宴 [食]

同級生のお店でプチ同窓会が行われ参加させて頂く。

一人一人にワンプレートで食事を出してくれて、ワインと共に美味しく頂く。
131214 同窓会.jpg

しかし…いややっぱり楽しい時間はお酒も進む(笑)

翌日は午前から芝居を見に行き午後から稽古(ノ△T)
お昼は前から気になってたお粥屋さんでランチ!
131215 お粥サンラータン.jpg
お粥だけでなく麺もあり身体に優しいお食事のお店でお気に入りになりました。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画60「陽だまりの彼女」 [映画]

映画「陽だまりの彼女」ずっと以前に観に行った。

 “女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”のキャッチコピーが話題となるなど、女性から絶大な支持を受ける、越谷オサムの同名ベストセラー小説を、松本潤&上野樹里主演で映画化したファンタジック・ラブストーリー。10年ぶりに再会した中学時代の幼なじみの恋の行方をつづる。監督は『僕等がいた』の三木孝浩。

=STORY=
 新人の営業マン・浩介(松本潤)は、ある日、取引先で幼なじみの真緒(上野樹里)と再会する。10年ぶりに対面した真緒は、バカにされていた中学時代と打って変わって、魅力的な女性になっていた。彼女のおかげでかつての純粋な気持ちを取り戻した浩介は、やがて真緒を愛し、結婚を視野に入れるようになる。しかし彼女はある秘密を抱えていた……。

 予告編やCMを見て「彼女には秘密がある・・・」と聞いて、良くある病気ネタだと思っていたら・・・。ネタばれになるので多くは言えないが、そうきたか!という感じ。ファンタジーとは知らなかったから驚いたが、何となく主軸が分かってみていると最後の方で周りのお客の反応も分かったと言わんばかりの反応が聞こえてきた。松潤と上野樹里ちゃんの二人が自然で仲良くてほんわか温かい感じがすごく魅力的だった。そして、キーマン夏木マリさんもやっぱりすごい!ある種「湯婆婆」な感じそのもの!
ストーリーのひねりもあり、面白くタイトルとおり温かく見れた映画でした。
131205陽だまりの彼女.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画59「ダイアナ」 [映画]

映画「ダイアナ」をこれも以前に観た(笑)

 97年8月31日に交通事故で36歳の生涯を閉じた元英国皇太子妃ダイアナ。ナオミ・ワッツがダイアナ妃に扮し、チャールズ皇太子と離婚し、新たな人生の1ページを歩みだした彼女がパパラッチの追跡に遭い、苦悩する姿など、その知られざる一面に迫る人間ドラマ。監督は『ヒトラー 最期の12日間』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。

=STORY= 
 1995年、英国皇太子妃ダイアナ(ナオミ・ワッツ)は夫と別居して3年、2人の王子とも離れ、寂しい暮らしを送っていた。そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーン(ナヴィーン・アンドリュース)と出会う。心から尊敬できる男性にやっと巡り逢えたと確信するダイアナ。BBCのインタビュー番組に出演し、別居の真相を告白、“人々の心の王妃”になりたいと語って身内から非難されるが、ハスナットは彼女を励ましてくれた。1年後、離婚したダイアナは、地雷廃絶運動などの人道支援活動で世界中を飛び回る。自分の弱さを知るからこそ、弱者の心を理解する彼女は、人々を癒し、政治を動かす力も持ち始めていた。一方、ハスナットはゴシップ紙に書きたてられ、彼の一族からも反対される。ダイアナは、ドディ・アルファイド(キャス・アンヴァー)との新しい関係に踏み出すが……。

 ダイアナ妃が亡くなった時、海外旅行でちょうどイギリスで滞在2日目だった。亡くなった報道を聞いた時も英語があまり良く分からずニュースでやたらとダイアナ妃の写真が出ていてホテルでも少し賑わっていたのを覚えている。旅行に連れて行ってもらった従兄弟のお姉さんにダイアナ妃が亡くなったと知らされ、スコットランドを回った後、バッキンガム宮殿を再び見に行く。初日に見た風景と違って、宮殿の前には献花がいっぱい添えられていた。そこに折り鶴を手向けた思い出があり、今回の映画も興味深かった。

 ストーリーに集中したくて吹替えで観たが、ダイアナ妃の事をそれほど詳しく知らなかったので、色々と知る事が出来た。と、ともに驚きもあった。色々報道された写真のシーンなども場面で出てきたし、ダイアナ妃の本当の人柄を知る事が出来た。
 正直、ダイアナ妃の人気と共にパパラッチの執拗までの追っかけぶりに可愛そうと感じながらも、国民に本当に愛され、人の為に尽くした素晴らし人道家の女性だった。若くして亡くなったのは良い人ほど早死にするそんな勝手な思いと共に美人薄命なのだと・・・。
 愛され人気があるが故にパパラッチに追われ、王室との確執などで追い込まれて行き、みんなに愛されるも孤独を感じる切なさがわかる映画でした。
131205+ダイアナ.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

舞台58「いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』」   [舞台]

ずっと以前、「ヘレンケラー」公演の前の事だが、大阪に
「いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』」を観に行く。
131024+鉈切り丸.jpg 
【森田剛】主演×【青木豪】脚本×【いのうえひでのり】演出の舞台「鉈切り丸」。
劇団☆新感線の名作「IZO」以来、約6年ぶりに夢のタッグが実現!
シェイクスピアの「リチャード三世」を、源平合戦の時代に置き換え、
天下を取らんがため、悪事の限りを尽くして駆け上がる極悪非道な
“鉈切り丸”こと源範頼の姿を描く。

歴史には名を留められなかった悲劇の大悪党“鉈切り丸”こと
源範頼に【森田剛】を迎え、ヒロインには今回が堂々の初舞台となる【成海璃子】、
そしていのうえ作品に初参戦となる、【生瀬勝久】、【麻実れい】、【若村麻由美】、
久しぶりの「いのうえ作品」参戦となる【秋山菜津子】、【渡辺いっけい】、
「IZO」での同志【千葉哲也】、【山内圭哉】らそうそうたる実力派俳優陣に加え、
【木村了】、【須賀健太】ら期待の若武者や、劇団☆新感線常連メンバーからは
【村木仁】、【河野まさと】、【川原正嗣】他アクションクラブが参戦、
これ以上ないドリームキャストが結集し、【岩代太郎】の音楽を生演奏するバンドたち、
日本を代表するクリエイティヴ・チームと共に創り上げる、
豪華絢爛“いのうえシェイクスピア”の真骨頂!                【記事抜粋】

大阪まで観に行きました!「鉈切丸」シェイクスピアの話しはあまり詳しくないけど、日本史の義経話しは多少分かるので、そのリンクはお見事だった。生瀬さんは、相変わらずのはじけっぷりで、やっぱり舞台だと更に活き活きしていた。逆にいっけいさんが最初分からなかったけど、後々いい存在感を見せてくれた。森田剛くんに関してはイメージ評価が強すぎたのか、凄いってほどの魅力を感じはしなかったが、悪役を見事に演じ、ラストの演出など良かった!若村さん、秋山さんなど素敵で、舞台慣れしている木村了くんは安定感抜群で殺陣など魅せてくれた。初々しい須賀くんも昔から好きだったのでこれからも更に期待したい。璃子ちゃんは、嫌いじゃないが、余裕がなく必死さが伝わってきたが、頑張ってた感じ。そしてやっぱり笑わせてくれたのは山内圭哉さん!面白どころわかってるし、生瀬さんいるし、楽しんでる感が感じられた。

森田剛くん主演の「IZO」を凄く見たくなった、いのうえシェイクスピアでした。
131024_鉈切り丸.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

今日のイケ麺 [食]

今回のイケ麺は、大阪梅田のグランフロント大阪のご馳走そば『そら』

焼きチーズのコク旨カレーつけそば
131201 カレーつけそば.jpg

カレーつけそばって珍しい!のと焼きチーズに惹かれ食べてみた!

器が熱くなってます…と言われカレーも熱いのかと思いきゃ蕎麦の影響でそこまで熱くなかった。でも食べやすい温度でぺろっと食べきりスープも飲み干せた!

確かにご馳走感のある変わり種の美味しいそばでした。

そして大阪駅の見事なまでにキレイに大きく変わり果てた姿に圧倒された久しぶりの梅田でした!
131201 グランフロント大阪.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。