So-net無料ブログ作成

舞台46キャラメルボックス2013サマーツアー・プレミアム [観劇]

キャラメルボックス2013サマーツアー・プレミアム
『ずっと二人で歩いてきた ~もうひとつの雨のものがたり~』

★雨の5年後を描いた、成井豊単独新作★
演劇集団キャラメルボックス『雨と夢のあとに』。そのスピンオフ作品にあたる『ずっと二人で歩いてきた~もうひとつの雨のものがたり~』。本作は柳美里原作の『雨と~』の主人公・雨の5年後が描かれており、成井豊の新作書き下ろしとなる。

=STORY=
大学入学のために上京し、アパートでひとり暮らしを始めた18歳の桜井雨。隣には栗原雅俊という大学院生が住んでおり、彼の部屋からは懐かしいウッドベースの音が聴こえてくる。ある日、アパートの前で倒れている雅俊を発見した雨。彼を部屋まで運び込んだ雨の前には、かつて死んだ父が弾いていたのと同じようなウッドベースが。雨は雅俊にウッドベースを弾いて欲しいと頼むが、彼はそれを頑なに拒み…。

『雨と~』が父と娘の物語だとすれば、『ずっと~』は兄・優作と弟・雅俊の物語。しかし親を失い、兄弟だけで生きていこうとしたふたりの間には恐らく、普通の家族以上の絆が存在したのだろう。非常に強い兄弟愛で結ばれてはいるものの、それは父が娘をすっぽりと包み込むような愛情ではない。兄が弟を、弟が兄を支えるという、非常に危ういバランスの上で成り立った愛情だ。だからこそ優作の死によってそのバランスが崩れた時、雅俊の心にはぽっかりと大きな穴が開いてしまったのである。

本作の雨の役割は、そんな雅俊の心の穴を埋めること。大切な人を亡くしたという共通点と、彼女自身の優しさ。そして雅俊に対するほのかな恋心が、雅俊に、さらには優作に対してもひと筋の光となっていく。ここで感じるのは、5年前の父の死を乗り越え、雨が大きく成長を遂げたということ。そしてその間、いかに多くの人に愛されて育ってきたかということ。もちろん本作だけでも十分に楽しめる作品であり、雨は非常に魅力的なキャラクターである。だが『雨と~』を観るとそういった発見があり、より面白い。
雨役に抜擢されたのは入団4年目の原田樹里。若手らしい真っすぐな演技が、雨というキャラクターにピタリ合う。雅俊を演じる多田直人は抜群の安定感を発揮。また筒井俊作、坂口理恵が笑いを誘う。そして優作を演じたのは、ゲストの加治将樹。一見粗野だが、実は繊細で弟思いの兄を好演した。(ぴあ記事抜粋)
130817+ずっと二人で.jpg

 この作品が見たくて、東京に出向いた。名古屋では公開されなかったから・・・でも大阪で公演決まってちょっとショックだったが、「東京の方がちゃんとあった寸法でのセットだ」と聞いたし、東京の友達にも会えたので楽しい旅となった。

 雨中心のストーリーかと思えば、そこに隣人の兄弟が絡んだストーリーが中心で、雨が経験した事などが伏線として盛り込まれて面白かった。キャラメルらしいファンタジーだし、「雨と夢~」の親子愛に対し、「ずっと~」は兄弟愛の物語だった。
雨演じる樹里ちゃんも似合っていたし、多田くんは相変わらず複雑な役を繊細に演じていた。幼馴染のほっくん演じる筒井くんは、明るい雰囲気がいいが体系の違いに、カーテンコール挨拶でおおいに受けていた。坂口さんは少ないメンバーのお母さん?!姉御的存在が判明した裏話もあり、役者も芝居も盛り上げてた。ゲスト出演の加治くんは、TVドラマで見かけたりして、名古屋地方制作のドラマにも出ていた。TVで見るキャラとは違い、今回はワイルドな弟思いの兄が似合っていてカッコ良かった。
「雨と夢~」を観てから「ずっと~」を観るという、時間経過に伴った作品順で見たかったので、より深く楽しく観る事が出来たし、やっぱりホロりとさせられたいい舞台でした。
130817+みき丸+二人.jpg
いつもの様に、みき丸君が居たり、ブタ展開催(サポーターズ・クラブの会報紙「ハテナ気象台」100号を記念した「ブタ展」)も楽しむ事が出来た。
130817_キャラメルギャラリー.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

舞台45キャラメルボックス『雨と夢のあとに』 [観劇]

キャラメルボックス2013サマーツアー・プレミアム
『雨と夢のあとに』を東京で観る。

原案:柳美里『雨と夢のあとに』(角川文庫刊)
脚本・演出:成井豊
柳美里さんが小説『雨と夢のあとに』を書いたのは2005年。
その年に、テレビ朝日系列でドラマ化されました。脚本を担当したのは、成井豊と真柴あずき。翌年の2006年にキャラメルボックスで舞台化。つまり、今回は7年ぶりの再演。
今回は主人公の「雨」役に、テレビや映画で活躍中の吉田里琴さんをお招きしました。里琴さんは1999年生まれの、本物の中学2年生。「雨」という役に、きっと新しい命を吹き込んでくれると思います。父と娘が過ごす、最後の夏。

=STORY=
幸せになる一番の方法は、誰かを深く愛すること。たとえ思いが通じなくても。

桜井雨は中学2年の女の子。幼い頃に母を亡くし、今はベーシストの父・朝晴と二人で暮らしている。朝晴は蝶の採集が趣味で、幻の蝶と呼ばれているコウトウキシタアゲハを捕まえるために、台湾へ行く。森の中でついに幻の蝶を発見!ところが、捕まえたと思った瞬間に穴に落ちてしまう。数日後、朝晴は無事に帰国。心配していた雨は、涙を流して喜んだ。が、朝晴の姿は雨にしか見えなかった。朝晴は自分の体を穴の底に置いてきた。魂だけが戻ってきたのだ。もう一度、雨に会いたくて……。

 以前、大阪でこの舞台を見た。もちろんTVドラマも見ていた。舞台なりの良さがあり、またその時出演の福田麻由子ちゃんも好きで、いい舞台だった。
今回は小学生ではなく中学2年生の役どころだったのもあり、よりリアルに心情が伝わってきた。今回出演の吉田里琴ちゃんもTVドラマを見て良く知っていたし、それぞれメンバーのキャラ個性がすっごく良かった。前回も出演していた楠見さんも変わらず素敵で面白さもあった。そしてやっぱり泣けた。父と娘の素晴らし絆の物語だった。

130817+雨と夢.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

どれにしょっ!? [日記・雑感]

車を買うため、何度かディーラーさんへ足を運ぶ。

久しぶりの車選びなど楽しいが、今の世の中、自動車の性能の良さや技術に驚くばかり!

さぁどれにしょ!?
しっかり検討して選びたいと思う!!
130824 車パンフ.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

夏 限定 [旅行]

今、東京タワーでは「藤子F不二雄展」が開催中で、そのイベントにちなみライトアップがされているのだが、昨夜ドラえもんカラーと述べたが、正式には中央に黄色い鈴が照らされてこそ!…どうやら期間が終わっていた様子。

ダイヤモンドヴェールと呼ばれる7つある色のバリエーションで週末や特定日の20時〜22時に行われるものだった。

鈴のライトアップは見れなかったがブルーの色とその後の白く浮かび上がる東京タワーが見れて良かった。
130817 ドラ原画.jpg

また東京に来たら立ち寄ってしまうバームクーヘン店で、オレンジソースがけの限定品と昨日と今日のみ販売と聞いた甘夏のバームクーヘンがあり、やはりこちらも限定品をつい買ってしまう(笑)

本当に残りわずか!や期間限定と聞くと心動かされ、弱いなぁとつくづく思う。

東京に居る友達とつかの間の再会を果たして私の自由な夏の時間が終わって行く。

いよいよ秋11月末の本番に向けて稽古を頑張って行かなくてはならない!

頑張れ!!私(笑)
130818 限定 甘夏.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

今の色 [旅行]

一旦ブルーのライトが消えた後には徐々に白く浮かび上がった!

下から見ると何とも言い難い巨大物体がお城の様にも見える。

不思議だが素敵だo(^-^)o
130817 東京タワー 城.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

in 東京 [旅行]

良かった!ギリギリ!!

ドラえもんカラーの東京タワーが見れました(≧∇≦)
130817 東京タワー ドラ.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

舞台44「フットルース」 [観劇]

舞台「フットルース」

1984年にアメリカで公開された映画「フットルース」は、全米公開4日目で20億円の売り上げを超える大ヒット。その後1998年にブロードウェイでミュージカル版として舞台化され、100万人以上の動員を記録した。
楽曲は日本でも“ヒーロー”(TVドラマ・スクールウォーズ)、“パラダイス~愛のテーマAlmost Paradise ”(TVドラマ金曜日の妻たち)、ケニー・ロギンスが歌う“フットルース”など数々のヒット曲を出し、一大フットルース旋風を巻き起こした。これらのヒット曲は、今でもCMなどで誰もが耳にしたことのあるナンバー。
主演レン役には、ストリートダンス界のカリスマであるPaniCrewのメインボーカリスト、植木豪、国際歌唱コンクールで特別賞受賞を期に国内外から注目を浴びている若手ミュージカル俳優、小野田龍之介。ヒロイン・アリエル役は数多くのミュージカルで演技力と歌に定評のある、星野真衣。ラスティ役にAKB48で活躍後、女優へと転身を遂げた増田有華。TV、映画、舞台などで大活躍の川島なお美、伊藤咲子、そして川﨑麻世などお馴染みの豪華キャスト陣が出演。

=STORY=
 アメリカの大都会シカゴで生まれ育った高校生・レン。
彼は家庭の事情で、小さな田舎町ボーモントへ転校してきたが、古く堅苦しい町の暮らしに馴染めずにいた。
彼が理解出来なかったのは、【ダンスもロックも禁止】というこの町の条例。町の権力者であるムーア牧師を中心とした大人達によって、若者達の自由は厳しく抑圧されていた。ムーア牧師の娘・アリエルと仲間達は、そんな大人達のやり方に反発しながらも何も出来ない日々を送っていた。やがてレンは、アリエル達と共に、この町をひっくり返すような“ある計画”を立てるが・・・


 友達が舞台に出演するという事で観に行く。名古屋・大阪・福岡・東京などを巡る商業舞台!
名鉄ホールの扉の前にはキャスティング表に役付きで名前が載っている!!それも川島なお美ちゃんの上(笑)それを見て・・・というかキャスティング表に立派に名前が載っているのに感動してしまった。
そして舞台でも活き活きと演じて、踊って、歌って、素敵だった!!
130804+フットルース+キャスト.jpg

 作品の方は、若者たちを中心にストーリー展開していくが、ちょっとした演出なのか、メイン二人の思いが高ぶり唄って抱き合うシーンもなんかおしい。劇団四季ならめっちゃ「ああっ」って酔いしれる感じになるのに・・・。
川崎真世さん、川島なお美ちゃんは好きだし、問題なくいい感じの役どころと演技を見る事が出来た。

だが、カーテンコールの多さにちょっと引く。っというか最後の〆が締まらない感じで、観終わった感が感じられない状態で、メインテーマ曲が引き続き流れてて会場は明るくなり、席を離れていいいのか微妙な困惑だった。
 でもホントに友達のお陰で、今度共演する秋の舞台も「更に頑張ろう」と思うと共に、すごい方と一緒に立てるんだなぁと嬉しさを感じた。
130804+フットルース0001.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

映画43「モンスターズ ユニバーシティ」 [映画]

映画「モンスターズ ユニバーシティ」を観る。

130801+MU.jpg
 町のエネルギー源となる子どもの悲鳴を集めるために悪戦苦闘する、サリーとマイクのモンスターコンビの活躍を描いたアニメ『モンスターズ・インク』の前日譚となる物語。一流の“怖がらせ屋”を目指して、モンスターズ・ユニバーシティに入学したマイクとサリーの出会いや、新たな冒険が描かれる。
ポジティブなマイク(声:ビリー・クリスタル/日本語吹替版:田中裕二)は、誰よりも人間の子どもを怖がらせられるモンスターを目指しているのに周囲と比べて身体が小さくかわいらしいルックスをしていることに悩んでいた。エリートモンスターになるべく憧れの大学モンスターズ・ユニバーシティに進学するも、大きな体躯のサリー(声:ジョン・グッドマン/日本語吹替版:石塚英彦)をはじめ将来有望なモンスターが多く通っていた……。

 少し前に、TVでモンスターズインクの放映があった。それでやっと内容を知る事が出来た。マイクとサリーの友情と優しさが良くって、映画も気になり日本語吹き替えで観た。

 今回はマイクの子供の頃から、サリーと出会いコンビになっていく姿を描いているが、吹替え版二人、石ちゃんと田中くん変わらず見事だった。そして印象に残ったのがマイクの幼少時代の声がホントに可愛くて子供らしくて良かった。先生役の柳原可奈子ちゃんも良かった。

 モンスターズインクでは、サリーのキャラいいなぁと思っていたが、ユニバーシティで、サリーの過去が見えて良かったんだががっかりもしてしまった。その分マイクのキャラが一生懸命で魅力的だった。でも二人が意気投合して最強にコンビになっていく感じはいい。

 同時上映の「ブルーアンブレラ」がいきなり始まり、予備知識なしで観る事が出来たので、すごく良かった。素敵だった。どちらもほんわか観る事の出来た映画でした。

130801+モンスターズUC.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

夏祭り [日記・雑感]

メルパルク名古屋で『夏まつり』を開催していて、昨年から顔を出している。

宴会場に盆踊り台が作ってあり、縁日の様に屋台が並び金券チケットでゲームをしたり食べたり楽しむ。

甥っ子と義姉が何度か金魚すくいをしてたくさん金魚を取り、更に私も金魚すくいをさせてもらう。

いつ以来かわからないくらいの金魚すくいだが、久しぶりに楽しかった!

甥っ子が昨年金魚すくいをして取った金魚を縁側にある石の置物の空間に水を入れ飼ってたのだが、余りの暑さで死なせた為、今年は水槽で飼おうと思う。
だが、急遽100均に駆け込んでも、虫籠はあっても水槽はなく考えた結果なかなかのものが出来たo(^-^)o

本体は食パン入れを使いフタは水切りの網の部分をひっくり返し使う。中には家にあったプラスチックの藻を入れ、金魚を入れて、アクセントに夏祭りの入場証明シールを貼ったら…あら素敵!ちゃんと水槽になりました(笑)

水槽費用は210円!ポッキリ!!なかなか見事だと自画自賛(*^o^*)

昨年買った金魚のエサの残りを探して今回は少しでも金魚に長生きをしてもらいたい!
130812 MIELPARQUE.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013年夏 野球観戦 [日記・雑感]

大阪から甥っ子が夏休みの為、遊びに来た!

そして今年も名古屋ドームで野球が見たい!とせがまれ、一緒に便乗する。

シートは3塁阪神側!地元一応ドラファンだが、今は全然わかる選手も少なく、阪神ファンに囲まれた中で見ても構わない。

でも阪神の応援が多いし楽しい(^_^)

先発、ルーキー藤浪くんと言うのも嬉しい!

夏の娯楽を楽しみたいo(^-^)o
130811 中日vs阪神.jpg130811_1347~02.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。