So-net無料ブログ作成

映画35「くちづけ」 [映画]

映画「くちづけ」を観る。

 物語の舞台は、知的障害者たちの自立支援のためのグループホーム〈ひまわり荘〉。そこにはカラダは大人、精神は子供のままの人たちが生活しています。
いっぽんは、知的障害者である娘マコを連れて〈ひまわり荘〉に身を寄せます。そこの住人たちもマコも、天使のように無邪気で陽気。あまりに自由で、一般的には常識とされていることから大いにはみ出して、時には珍事件を巻き起こすことも。
人はみんな違っていて当たり前。できないことや弱い部分は誰にだってあるし、その代わり、いいところだって必ずある。ひとりひとりの「個性」を、広い心と笑顔で受け入れる。でも、悪いことをしたらガツンと怒ることも忘れない。そんな、懐の大きくてあたたかいユートピアが〈ひまわり荘〉なのです。
〈ひまわり荘〉は夢のような場所。世界中が〈ひまわり荘〉のようだったら…。でも、現実は厳しく、やがてユートピアに終わりが訪れます。そして、いっぽんにはさらなる厳しい運命がふりかかります。その時、いっぽんが選んだ道は……。

 ストーリーに興味を持ち、当時、急遽セレソンDXの名古屋公演の舞台を観に行った。そして感動した事を覚えている。それが映画となって登場し、終りがけの駆け込み鑑賞となる。
 記憶力の弱い私はなんとなくしか覚えていず、新たな気持ちで観る事が出来た。セレソン色の笑って泣けるストーリーで、ホント笑えるというか微笑ましい部分があればある程切なくなってやられた。
ずいぶん前の曖昧な記憶で、う~やん演じる宅間さんと、ともちゃん演じる田畑智子さんは同じ役柄だったとしか記憶がなく、貫地谷しほりちゃん演じるマコちゃんは加藤貴子さんが演じていた事だけは覚えている。

 今回何より魅了されたのは、父親演じる竹中直人さん!いつも個性的で笑えるキャラだったりするが、今回は真面目で重要な役どころでもあり、竹中さんのカッコ良さを垣間見る事が出来、本当に素敵でカッコ良かった。また周りを取り囲むキャストみんなもそれぞれいいが、田畑智子ちゃんもやっぱり好き。前向きで優しいしっかりした妹役が素敵だった。そして最近朝ドラなどで活躍中の橋本愛ちゃんも彼女らしいさっぱりとした、キツイ感じにとられるがそれでも優しさを持ち合わせた高校生役が輝いていた。

 舞台でも映画でもそうだが、実話をもとにしての作品だけに、色々と考えさせられた。本当にたくさんの人に観て・・見届けて欲しい作品でした。
130621+くちづけ.jpg

また、最近セレソンの戯曲「ぴえろ」を「間違えられた男」としてTVドラマで放映していて、それも良かったので舞台の映像でもあれば見て見たいと思った。セレソンDXの解散が残念でならないが、宅間さんのこれからも期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イケ飯 [食]

以前に神戸に行った時、いつもなら定番のお肉屋さんのランチに行くのだが、今回は洋食を調べて食べに行く。

のだが、調べが雑だった為30分程雨の中を散策し、諦めようとしていた時に見つける事が出来た!
130615 ミヤコランチ.jpg
ビーフシチューとエビフライのランチを頂く。
お肉が柔らかく美味しかった!またシチューを最後まで楽しむ為にライスを投入してお食べ下さいとアドバイスもしてくれるアットホームな空間の美味しい洋食店でした。

そして神戸で人気の坪プリン!
130616 坪プリン.jpg
物産展などデパートでたまに出店するがなかなか買えない。
この小さな坪に美味しさ凝縮されてました!

そして看板につられ何気に入った喫茶店のランチ!
130627 オムハヤシ.jpg
オムハヤシを頂くがチーズも入ってて以外と美味しく、スープ+ドリンク+デザートがついて890円

なかなか良かったランチでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

舞台34「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 [観劇]

キャラメルボックス2013スプリングツアー「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を神戸まで観に行く。

=STORY=
敦也と祥子と幸平は、同じ養護施設で育った仲間。ある夜、ある家にコソ泥に入り、逃亡の途中で廃屋になった雑貨店に逃げ込む。すると、表の方で微かな物音。シャッターの郵便口から、誰かが封筒を入れたのだ。中の便箋には悩み事の相談が書かれていた。この雑貨店は、店主が生きていた頃、近隣の住人の悩み事の相談に答えていたのだ。3人はほんの遊び心から、返事を書いて、牛乳箱に入れる。すると、またシャッターの郵便口から封筒が。そこには、3人の返事に対する、さらなる質問が書かれていた。しかも、差出人は、数十年前の時代の人間らしい・・・・。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は日本を代表するミステリ作家・東野圭吾さんが書いた、タイムトラベル・ファンタジー。ただし、トラベルするのは、人間じゃなくて、手紙。時を越えて交わされる手紙は、時にコミカルで、時に感動的。人が人に真っ直ぐに向き合う事によって生まれた、小さな奇蹟。
あの時の回答は、あなたの人生にとって、役に立ったでしょうか?

 色んな作品で楽しませてくれる東野圭吾さんの作品が、見事にキャラメルボックスと融合してキャラメル得意のタイムトラベル・ファンタジーの舞台となっていた。時空を超えて、また時間軸との伏線など、巧妙に練り込まれて観ていても飽きる事なく、どんどん惹き込まれて行った。メンバーには2役で出演したりしてますが、それぞれが素敵なキャラで、キャラの時間軸のピースが繋がったりしていくのが面白い。さすが東野圭吾さんという感じの心温まる作品でした。面白かった。
130616+ナミヤ雑貨店.jpg

今回のキャラメルマスコットキャラクターみき丸くん↓
130615+ミキマル+ナミヤ雑貨.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

映画33「リアル」 [映画]

映画「リアル」を観る。

 第9回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた、乾緑郎の小説を佐藤健&綾瀬はるか主演で映画化したミステリー。自殺未遂で昏睡状態になった恋人を救うため、最新技術で彼女の意識の中へ入っていく主人公が、“現実”と“仮想”が混沌する世界で新たな事実に遭遇する姿を描く。監督は『トウキョウソナタ』の鬼才・黒沢清。

=STORY=
淳美(綾瀬はるか)が自殺を図り、一命を取り留めたものの昏睡状態となる。彼女と幼い頃から一緒に過ごしいつしか恋人となった浩市(佐藤健)でも淳美が自殺を図った理由がわからない。彼女を救うために、浩市は<センシング>と呼ばれる眠り続ける患者と意思疎通ができる手法を用い、淳美の意識内へ潜り込む。<センシング>を繰り返すうちに、浩市の脳と淳美の意識が混線するようになり、二人は現実と仮想が入り乱れる意識の迷宮を彷徨う。そして二人がかつて過ごした飛古根島へ向かった浩市は、記憶を封印していた15年前の事件に触れる……。

 思っていた展開を見事にひっくり返してくれて見せてくれた。そしてCGもありファンタジーぽくもあり、ミステリーもありの作品。
 主人公綾瀬はるかちゃん、佐藤健くん演じる幼馴染の二人の関係、愛情がとても良く素敵だった。また医師役の中谷美紀ちゃんもやっぱり素敵。
 
 今回、映画の舞台挨拶で、佐藤健くんと黒川監督を生で見る事が出来た。

 ミステリーなストーリーの為、映画に触れる内容が話せないながらも撮影の様子などを聞かせてくれた。また恐竜のぬいぐるみを会場の1名に抽選でプレゼントしてくれるサプライズも!生の佐藤健くんはホントに華奢ながらも男気がある感じでカッコ良かった。

ストーリーも良く練り込んであるあり、複雑だけど見応えのある映画でした。
130609+リアル.jpg

見えるかなぁ・・健くんと監督のサイン付き↓
130609+リアル+サイン+アップ.jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画32「中学生円山」 [映画]

映画「中学生円山」を観る。

=STORY=
円山克也は、団地と学校の往復が日常の中学2年生。9時5時で働く平凡な父と、韓流ドラマに夢中の地味な母、2段ベッドで一緒に寝ている無神経な妹と4人暮らしだ。思春期真っ盛りの克也は、ある目的を達成するため、身体を柔らかくすべく独自に考案した「自主トレ」に精を出している。
やがて、限界まで背中を折り曲げると妄想の世界にトリップしてしまうようになった!
そんなある日、上の階に下井辰夫という男が引っ越してくる。シングルファーザーの下井は、妙に近所の主婦の輪に溶け込み、仕事をしている様子もない謎の男だった。下井と出会ってほどなく、団地の近くで殺人事件が発生。下井=殺し屋という妄想から離れられなくなり・・・。 

 もう、しょっぱなからクドカンワールド全開って感じの妄想映画。なんだかわからないでもない面白さ、シュチュエーションというかホント妄想!その妄想世界がほんとに面白い。でもオチ・・・というかもうちょっとわかりやすい方が好みかも。主人公の男の子も良かったし、仲村トオルくん、坂井真紀ちゃんなど周りを取り囲む人達も良かった。草なぎ君のキャラは独特のキャラで面白かった。

頭を使わず娯楽として楽しんで欲しい作品でした。

130613 中学生円山.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日のイケメン [食]

今回のイケ麺は、先日暑くて冷やし麺系を食べたかったが、まだ販売前だったので変わりに食べたつけ麺!

一風堂で頂きました。
つるつる麺で歯応えも良く、スープも和風ダシの味わいで美味しかった!
130613 一風堂つけ麺.jpg

そしてもう1店

本日、大阪阿倍野で、神戸『長田本庄軒』のぼっかけ焼きそば玉子のせ。

今回はフードコートで頂いたが、やはり以前神戸の地下街で食べた方が美味しかった(笑)

こんにゃくやすじ肉が入ってるのが特徴の焼きそばでした。
130615 ぼっかけ.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

舞台31「中日文楽」 [観劇]

「中日文楽」を観る。

文楽は、日本の伝統芸能である人形劇の人形浄、
瑠璃の代名詞で、男性によって演じられ、太夫、
三味線、人形遣いの三業(さんぎょう)で成り立つ三位一体の演芸。
 
昼の部公演は「二人三番叟」と「義経千本桜」。
  「二人三番叟」は、天下泰平、五穀豊穣を祈願す
る神事に由来する舞踊。激しい動きとユーモラス
な所作がみどころ。
 「義経千本桜」は、文楽の三大名作の一つ。「道
行初音旅」と「河連法眼館の段」からなり、源九
郎狐の数度にわたる早変わり、ラストシーンの宙
づりがみどころ。

 【夜の部】解説 文楽の魅力 伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)  火の見櫓の段(ひのみやぐらのだん) 近松生誕360年 曽根崎心中(そねざきしんじゅう)  生玉社前の段(いくだましゃぜんのだん)  天満屋の段(てんまやのだん)  天神森の段(てんじんもりのだん)

 歌舞伎で「義経千本桜」の河連法眼館の段の舞台を観たので、文楽でも見て見たかったが夜の部を観に行く。

 初めての文楽で、最初に文楽の魅力の解説があったため、分かりやすく見る事が出来た。
舞台をみると上の方に、横文字で字幕が出た。火の見櫓の段(ひのみやぐらのだん)は、やはり見どころの櫓に登るとことかやっぱり良かった。そしてその演目も20分ぐらい。始まって30分も立たないうちに、休憩に入るのも衝撃的だった。また、人形使いのメインの方の草履が高くなっていて、フォローする他の方への配慮など初めて知ることが出来た。

そして曽根崎心中の3幕。途中のセット変えは暗転で行われた。以前から興味があった有名な話を見れて良かった。

 本当に人形の手先までの優雅な動きが印象的な初文楽でした。
130601+中日文楽.jpg
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ライブ・ビューイング30「Ken’s Bar」 [音楽]

「Ken’s Bar」ライブ・ビューイングを観る。

 デビューから約20年に渡り“唄”にこだわり続けた日本を代表する稀代の男性ソロシンガー平井堅が、1998年よりマスターとしてトータルプロデュースを務め、自身のライフワークとして開催してきたコンセプト・ライヴ「Ken’s Bar」が、記念すべき開店15周年を迎えるにあたり、2013年5月29日(水)・30日(木)に自身初となる2夜連続の武道館公演、更にその模様を109シネマズで同時生中継するライブ・ビューイングも実施される!(開店記念日の5月29日はファンクラブ会員限定ライヴ)
チケットが取れずに諦めていたファンは勿論、まだ体感したことがない方にとってもKen’s Bar を疑似体験できる絶好の機会!


 今回初めて体感したライブ・ビューイング!どんな感じなのか?どれくらい盛り上がるのか?楽しみだった。
映画の様な予告編は無く、ライブ・ビューイングの楽しみ方の案内や平井君の映画館オリジナルのグッズの宣伝などが映し出されていた。

 開演前に日本武道館の生映像に切り替わり、音楽とともに現地の舞台セットを紹介するような映像(カット割り)で見せてくれ、また始まる前に平井君直筆の映画館のお客に向けたメッセージが映し出された。
 「Ken’s Bar」というコンセプトだけに会場の真ん中一部は円卓になっていてお酒を飲みつつピアノとギターのシンプルな楽曲を素敵な歌を聞かせてくれる。またカヴァー曲で中森明菜ちゃんの「少女A」を歌ったり「なごり雪」を歌ってくれたりと持ち歌ではないカヴァー曲が聴けるのも良かった。ゴールデンボンバーの「女々しくて」も聞きたかった!

 お酒を飲んでらっしゃる方の配慮からか、途中休憩が早めに入り、前半後半の2部構成になっていた。その休憩時間中は、中継を一時遮断してあるのか、平井君のPVが5曲分流れていたのもゆっくりPVが見れて良かった。

 ゆったりと素敵な音楽が聴け、初めてのライブ・ビューイングをかなり楽しめた「Ken’s Bar」でした。
130530 Ken's Bar.jpg

帰りにおみやげで、コースターを頂く嬉しいおまけ付きでした。
130530 堅くんコースター.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

舞台29「MICHAEL JACKSON THE IMMORTAL WORLD TOUR」 [観劇]

「MICHAEL JACKSON THE IMMORTAL WORLD TOUR」を観た。

 世界中の人々に愛される“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンと、世界を代表するエンターテインメント集団シルク・ドゥ・ソレイユ。
お互いのリスペクトから生まれたオリジナルショー、それが『マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー』。
130525+マイケルツアー.jpg

 このショーを最高のものとするため、ステージ・ディレクター、ミュージック・ディレクターなど、マイケルが心から信頼していたクリエイターが数多くシルクのもとに集結。
彼らの力を借りることで、マイケルの歌声や映像とアーティストたちのアクロバットやダンスを融合した、コンサートでもないサーカスでもない、全く新しいショーが誕生した。
130525+マイケル.jpg

 マイケルの半生を振り返りながら綴られるストーリーに散りばめられた「愛、平和、結束」のメッセージ。
そんなメッセージがマイケルの歌声とともに見る者の心に響き渡る。
マイケルの永遠に消えることのないスピリットが刻まれた至高のエンターテインメント『マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー』、いよいよ日本上陸。

  見たいけど都合がつくか分からず迷っていたが、お誘いを頂き、DVDやCDで予習をし、楽しみにして出掛ける。今回は何とめちゃくちゃいいVIP席!!入口も別になっていて、更にレッドカーペットが!!
130525+VIP+GATE.jpg
超贅沢感を味わい入場するとおみやげの手提げを貰う。そこには今回の公演のオリジナルTEMPURの真っ赤なクッションが入っていた。
130525+マイケルお座布団.jpg

 会場の日本ガイシを入るといつもと南北逆にステージが作ってあって、入口側下手の舞台の前から2列目!キャストのステージへの軌道もパフォーマンスもしっかり見る事が出来た。
マイケルの曲に合わせて、その曲のイメージやPVに合わせた演出とパフォーマンスで、さすがシルクドソレイユという素晴らしい世界を見せてくれた。見事な肉体表現だから、途中休憩を挟んで1部2部構成で見せてくれた。

 すべてのパフォーマンスに魅了されて感じて思った事は、みんながマイケルを凄くリスペクトして愛してるのが伝わった。なんかほろっとしつつ、胸に熱いものも込み上がった。
愛に溢れた舞台でした。

 入口にはマイケル仕様の車。
130525+マイケル+車.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

イケ飯! [食]

今回はイケ麺ならぬ、美味しい料理の総評として伝えたい!

どんぶりだから、本当に飯! 「鯛めし」

またまた大好きな物産展のイートイン催事で、愛媛宇和島の『ほづみ亭』の上鯛めし丼!

20分程少しお店で並びはしたが、並んだ甲斐があった!

玉子の黄身が乗っていて、全体を混ぜて頂く!

玉子の掛けご飯の様だが、たっぷりの鯛が口に入ってくる!それもぷりぷりの鯛!!

うまい!と誰もが納得してくれそう。
お腹が空いていてなおさら美味しい!

働くおばちゃんも人の良さそうな方ばかりで10人ぐらいのカウンターだけの小さなお店でも温かな雰囲気を感じたとっても美味しい「鯛めし」でした。

他にも焼いた鯛と麦味噌で合わせた冷汁のさつま丼や御膳仕立てのメニューもあった。

お持ち帰り用冷凍食品もあり、自宅でも楽しみたいイケ飯でした。
130606 上鯛めし.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。