So-net無料ブログ作成

大人の新感線 『ラストフラワーズ』 [観劇]

以前に大阪にて、大人の新感線 『ラストフラワーズ』を観に行く!

 【大人計画】vs【劇団☆新感線】肉弾戦のガチンコ対決!? 
今、演劇界で最も勢いのある二劇団が、まさかのコラボレーション!!
ほぼ同時代に小劇場を出発点としながらも、それぞれが独自の路線を
徹底して追求しながら活動を続け、着々と動員を伸ばし今や絶大な人気を誇るこの両巨頭。

 構想約5年、いよいよ両劇団そろって準備万端、満を持して始動!!!
大人計画と劇団☆新感線の夢のコラボレーションが実現!松尾スズキの脚本をいのうえひでのりが演出し、両劇団の人気俳優が勢ぞろいという、ぜいたく極まりない舞台。
 今、演劇界で最も勢いのある2つの劇団、大人計画と劇団☆新感線がまさかのコラボレーションを果たしたステージを放送する。ほぼ同時代に小劇場を出発点とした両劇団だが、独自色が濃く作品の志向性がまったく正反対なだけに、この組み合わせは誰も予想しえなかったであろう演劇界の“事件”といえる。そもそも、大人計画主宰の松尾スズキが劇団☆新感線主宰・いのうえひでのりに冗談まじりに提案したことが発端という。
 松尾の書き下ろし脚本をいのうえが演出したのだが、松尾の作品を本人以外が演出するのは今回が初めて。いのうえが、どのような手腕で松尾ワールドを自身のカラーに染めていったのか注目が集まる。また、両劇団の人気俳優が勢ぞろい。そして、開演前から火花を相散らす両劇団の間をつなぐのが唯一のゲスト・小池栄子。さらに、音楽には東京スカパラダイスオーケストラが初参戦。加えて、劇団☆新感線の音楽を手掛けている岡崎司も参加している。あらゆる面において豪華版の“お祭り”は、もはや注目点しか見当たらない必見のステージだ!

<ストーリー>
 架空の日本が舞台のスパイ・アクション活劇。そこに、ヤクザが絡み、謎の帝国まで出現という「B級」テイスト漂う「ハードボイルド」だ。1970年代の空気を感じさせつつ、ちょっぴりお色気あり、その上ちょっと危険で非常にバカバカしいという、爆笑連発必至のステージが展開される。もちろん、殺陣もギャグも満載。タイトルにある「ラストフラワーズ」とは一体何なのか!?

 両劇団のキャストや色が面白い相乗効果を醸し出していて、松尾さんの独特のテイストだが面白かった。ちょっとした劇団対決っぽい個性のぶつかり合い、掛け合いも面白かった。
好きなメンバーがたくさん出演していたのも、見どころだったが、上手いのももちろん、みんな楽しそうだった。なんか楽しい仲間たちで精一杯演劇・舞台を本当に楽しんでる感じ。古田さん、阿部サダ君、橋じゅん。クドカンさん他ホントみんな良い!小池栄子ちゃんも上手いし、度胸がいい!やっぱり好きだな。星野源ちゃんも久しぶりに見れたし、歌聞けたのも良かった。今回何よりインパクトが残ったのが、平岩紙ちゃんの“タンバリンダンス”本当にお見事と言えるほど面白いし完成度が高かった(笑)是非覚えたいと思うほど!
 ストーリーは一般ウケは難しいが大人計画・・・松尾さんらしく、にぎやかさはいのうえさんらしい。でも演出より作風が強いというか壊していない大人計画チックな舞台でした。
140923 ラストフラワーズ.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。