So-net無料ブログ作成

映画11「サンブンノイチ」 [映画]

映画「サンブンノイチ」を観る。

『漫才ギャング』の品川ヒロシの監督第3作は、人生の一発逆転をかけて銀行強盗に挑み、成功させた3人の男たちが、手に入れた大金の横取りを狙う人々を巻き込んで起こすシニカルなコメディ。藤原竜也、元KAT-TUNの田中聖、ブラックマヨネーズの小杉竜一が大金を分け合おうとする3人組に扮し、絶妙な掛け合いを見せる。

=STORY=
 川崎にあるキャバクラ『ハニーバニー』の雇われ店長シュウ(藤原竜也)は、競馬場で店の売上金400万円が入ったセカンドバッグを盗まれてしまう。オーナーの破魔翔(窪塚洋介)にこのことが露見するのを恐れたシュウは、『ハニーバニー』でキャバ嬢をするまりあ(中島美嘉)に連れられ、伝説的金貸し・渋柿多見子(池畑慎之介☆)から400万円を借りる。条件は1週間以内に利子をつけて返すこと。絶望的な状況に頭を抱えるシュウに、まりあは銀行強盗をそそのかす。裏でまりあが手を引いていることを秘密にしたまま、裏カジノで到底払いきれない借金を背負ったボーイのコジ(田中聖)と、事業に失敗し破産寸前の常連客・健さん(小杉竜一)を仲間に引き込み強盗を実行。1億6千万円を入手するが、この金を3分の1ずつ分けようとした段階でシュウが実行犯の自分と健さんが運転手を務めたコジと同じ配分であることに異論を唱えたことから、大揉めする。さらに盗んだ金を入れたボストンバッグを開けると、そこには札束ではなく札束のようにされた新聞紙が入っていた。3人だけでなくまりあ、破魔翔、渋柿らの大金をめぐる思惑が交差する……。

 品川君の第3弾の映画でちょっと楽しみにもしていた。過去2作品とも面白かったし、品川君自身の考え・思想など世界観が嫌いじゃなかった。今回は原作あるも脚本・演出を手掛け過去2作とはちょっと違う感じではあったが、ストーリーの展開テンポや痛快さは変わらなかった。見せ方も時間軸を遡り交差させたりするのも嫌いじゃない。
 主演の藤原竜也くんはもちろんの事、弟分の田中聖と、ブラマヨ小杉さんの3人はそれぞれ良かった。最近ドラマ映画に出演するお笑いの人はみんな本当に頭の回転が良く起用で今回の小杉さんも面白かったし上手かった。他にも窪塚くん、池畑さん、中島美嘉ちゃんなどそれぞれキャラが立っているし見事だった。
2転3転する展開に先が見えずグイグイ引き込まれて楽しめた映画でした。
140419+サンブンノイチ.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。