So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ミスド デコ

TVで紹介されていたのを見て、ちょうど今池に行ったので訪れる。

ドーナッツもNYカップケーキクリスマス仕様と相葉くん出演映画のタイアップ仕様になっていました!

嵐の相葉くんの写真が大きく貼られ、ハート模様のラッピングが可愛いお店でした(*^o^*)
141122_1434~01.jpg141122_1435~02.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

映画47 「近キョリ恋愛」 [映画]

映画「近キョリ恋愛

ツンデレ教師と女子高生の恋を描いた、みきもと凜の同名コミックを山下智久主演で映画化したラブストーリー。天才だが英語だけが苦手な女子高生のゆにと、毒舌な英語教師ハルカが禁断の恋に落ちていくさまがつづられる。ゆにを演じるのは『渇き。』でも主演を務める小松菜奈。『君に届け』の熊澤尚人が監督を務める。
=STORY=
どんなときも表情を崩さない超クールな天才女子高生・枢木ゆに(小松菜奈)の成績は常に学年No.1だが、唯一英語だけが苦手だった。ある日、ゆには、赴任してきたばかりの史上最強の男前ツンデレ英語教師・櫻井ハルカ(山下智久)に放課後二人っきりの特別補習授業を言い渡されてしまう。感情表現が苦手なゆには、自信満々でツンデレのハルカが大嫌いだったが、常に気持ちを抑えて強がっている自分をあっさり見抜かれ、ゆには心を乱されていく。数学教師でゆにの保護者がわりの明智数馬(新井浩文)は、ゆにが情緒不安定になっていることに気付き、ハルカとの補習を強制的に終了させる。補習がなくなり嬉しいはずなのに、なぜか寂しさを覚えるゆに。そんな気持ちを抱えながら胸がゆらゆらすると言うゆにに親友の名波菊子(山本美月)は、それは“恋”だと教える。初めての感情に戸惑うゆには“恋”について一生懸命勉強し、恋愛指南書に背中を押され告白することを決意。ハルカの授業が始まる直前、教壇の下にもぐりこみ、思いを記したノートを開いて見せる。そんなゆにの健気な表情とひたむきさに心惹かれ、ハルカは衝動的にキスをする。その様子を、ハルカの元カノでゆにの新担任・瀧沢美麗(水川あさみ)が見ていた……。許されない恋だとわかっていながら、強く惹かれ合うハルカとゆに。一方、二人を引き離そうとする数馬や美麗、そしてゆにに想いをよせる元ヤンキーでパティシエ志望の的場竜(小瀧望)。彼らの存在が、二人のキョリをますます不安定にしていく中、ゆにに留学の話が持ち上がる。ハルカはゆにの将来を考え「お前のことは好きじゃない」と嘘をついて突き放し、傷ついたゆには、何も知らずに遠い外国へと旅立っていく。遠く離れてしまったハルカとゆに二人の“運命の恋”の行方は……。

 深夜にハルカと美麗の学生時代のドラマを見ていて、映画の番宣も見たのでどう映画が上映されているか見たくなって観に行った。
 少女漫画原作との事で、若い女性向きの“胸キュン”要素がいっぱい入っていた。お客さんも若い女性が多く、山Pのちょっとしたしぐさやシーンで、ため息のような息を飲む感じが伝わって来た。客観的にやっぱりカッコ良く様になる山P!そして今現在と以前に英語にまつわる番組を見ていて山Pがアメリカのルート66を旅する番組などで英語が堪能なのも改めて魅力の1つとなっていた!小松菜奈ちゃんも不器用な女の子を可愛く演じていて親友役の最近ドラマに出まくっている山本美月も良かった。
 教師と生徒の禁断の愛という魅惑的なストーリーではあるものの、純粋な思いが詰まっている乙女映画でした。
141103 近キョリ恋愛.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

お祝い [日記・雑感]

先日、両親の結婚記念日お祝いをささやかにした。

44年の月日が流れ有難い事に私も家族として存在している。

夫婦って色々な意味でやっぱり凄いね!

両親に感謝m(_ _)m
141112_1813~01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舞台46「オーシャンズ11」 [観劇]

舞台「オーシャンズ11」を大阪まで観に行く!

 2000年にスティーブン・ソダーバーグ監督が、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ他の華々しい顔ぶれで撮った「オーシャンズ11」。ラスヴェガスの地下金庫に眠る膨大な現金を狙って、ダニー・オーシャンの元に犯罪プロフェッショナル10名のドリームチームが集結、前代未聞の強盗計画が繰り広げられる娯楽大作となりました。宝塚での公演を経て2014年、世界初演となるNewバージョンの主演に香取慎吾を迎えて上演が決定。

 映画でジョージ・クルーニーが演じた天才詐欺師ダニー・オーシャンは、初ミュージカルでオフ・ブロードウェイデビューを飾り、日本でも約6万人を動員した「TALK LIKE SINGING 」以来の舞台出演となる香取慎吾が務めます。「TALK~」では生まれた時から普通に話すことができず、言葉が全て歌になってしまうという難役を演じた香取。今回は、男っぷりの良さと色っぽさを併せ持つダニーをどのように舞台上で演じるのか期待が高まります。
そして、ダニーの妻テスには今作が初ミュージカルとなる観月ありさ、ダニーの昔馴染みラスティー・ライアンには、いまやミュージカル界を牽引する山本耕史、ダニー達が挑む冷酷なホテル王テリー・ベネディクトにはベテラン橋本さとし、ベニディクトの元愛人でカジノのショースター・ダイアナに元宝塚トップスターの霧矢大夢と、映画に負けない豪華キャストが顔を揃えました。更に真田佑馬、安井謙太郎、水田航生、芋洗坂係長、ラッキィ池田、治田敦と、若手からベテラン、一癖も二癖もあるバラエティに富んだキャストが集結し、男同士の戦い、友情、そして男女間の愛憎が、複雑に絡み合いながら描かれて行く物語に挑みます。

 東京でまず上演する事を聞いた時に、絶対大坂に来たら観に行こうと思ってアンテナを張っていました。いざ先行予約する時もなかなか電話が繋がらず、繋がったと思っても抽選と聞き祈るばかり。それでも取れず、次の発売で千秋楽を狙うも取れず、観れればいつでもいいと気持ちを切り替え平日公演をチャレンジしてようやくチケットが取れた作品。
 
 慎吾くんを始め、山本耕史くん、観月ありさetc出演者の良さに興味が湧いて観に行くと、さすがジャニーズ!平日でもほぼ満席!それも女性客ばかり!トイレでの会話を聞くと翌日の席も取れていて観るのだとか!Fanはすごいね!気持ちわかるけど、一般人にも席を残しておいてよ!と思ってしまう(笑)

 さて舞台と言えば、慎吾ちゃんカッコいい!クールでダンディなキャラっていうのもあるけど、たっぱ(背丈)があるからやっぱり映える!踊りなどもカッコいいし魅せ方知ってるね!歌は味があるという表現で(笑)。観月ありさは初ミュージカル出演だからなのかちょっと緊張した様子。歌声も歌手だけあって悪くなく、普段のキャラとは違うから頑張ってた感じ。その点、めちゃくちゃ舞台を楽しんでたのが山本耕史くん!やっぱり全てがウマイ!!歌はもちろんの事、ダンスもいいし、色んなキャラで遊んでいた!安定感抜群でどんな状況でも拾う貫録!アドリブなのか台詞なのか・・。同じく橋本さとしさんもさすがベテラン!上手い拾い方するし舞台慣れしているから面白くも悪役の敵キャラらしさも抜群だった。
セットも華やかで、舞台セット内にスペシャルシートと言われる、特別シートが倍以上の値段だったのが何だったのかがわかった。Fanにとってはキャストに触れてもらえるもしくは、目線を合わせてもらえる間近な席だった。シーンの途中では日替わりネタと思われるコーナーっぽいのがあり、今回は元いいとも青年隊noon boyzの真田祐佑馬くんの“うきうきウォッチ”ダンスを躍らせられる羽目になっていた。場合によっては芋洗い係長のネタか、ラッキィ池田さんのネタだったと思われる。そう言った配慮も何度か観に来るお客さんの為のサービスだと思うと上手いと思う!パンフレットも3種類あり商売上手!載っている写真が違うんだって(笑)。迷ったが大坂ヴァージョンのパンフレットを買う事にした。

 もう一度映画を見て見たくなった、本当に楽しめた素敵なひと時のショータイムでした。

141030 オーシャンズ11.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

 [食]

友達に舞台のお疲れ様と誕生日祝いと言う事で、天然河豚とひれ酒をご馳走になる(≧∇≦)

本当に贅沢な一時に感謝!
141108 博多 ふく.jpg141108 博多 ふく酒.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画45「ふしぎな岬の物語」 [映画]

映画「ふしぎな岬の物語」を観る。

 吉永小百合が自ら企画&主演を務め、『津軽百年食堂』の森沢明夫の小説を映画化したヒューマンドラマ。岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマがつづられる。女主人のおいを阿部寛、店の常連客を笑福亭鶴瓶が演じるなど、個性あふれる顔ぶれが物語を彩る。監督は『八日目の蝉』の成島出。

=STORY=
 海の向こうに富士山を望むのどかな里。花畑や学校、病院教会が点在する中、岬の突端に里の住人たちが集う“岬カフェ”がある。漁師や農家、医師、牧師、警官……皆のお目当ては、店主の柏木悦子(吉永小百合)がいれる一杯のコーヒー。それを飲むと、皆の心は軽く元気になるのだった。そんな悦子のコーヒーは、何でも屋を営む甥の浩司(阿部寛)と共に毎朝汲んでくる小島の岩清水で作っている。45歳の浩司は、思い込みが激しくたびたび問題を起こすこともあるが、カフェの隣の掘っ立て小屋に住み、悦子を献身的に見守ってきた。ある日、“岬カフェ”の常連客で漁師の徳さんの娘・竜崎みどり(竹内結子)が数年ぶりに里に帰ってくる。だがずっと音信不通だった彼女は何かに傷ついているような様子。一方、30年来の常連客、不動産屋のタニさん(笑福亭鶴瓶)は悦子と浩司のいちばんの理解者だったが、ある事情でこの地を離れることが決まっていた……。

 舞台稽古の合間をぬって以前に舞台挨拶を観に行った。その際に来場したのは監督と吉永さゆりさん、竹内結子ちゃん。お客は年配の方が多くサユリストと呼ばれる方々なのかな。舞台挨拶をされるさゆりさんは、TVで見るような、まんまのしゃべり方で上品で「あっ生のさゆりさんだ・・」と感心してしまった。そして竹内結子ちゃん!やっぱり可愛い!そしてしっかりしてる!挨拶ではユニークさも交えた出演者の話しもしてくれたし、場の空気を読める頭のいい人だとつくづく素敵で魅了された。

 映画は阿部ちゃんが中心で進んで行くような存在感で、ちょっと意外なキャラクターだった。鶴瓶さんや笹野さんももちろんいいが、井浦新くんのエピソードも良かった!それをすべて受け止める大きな愛情・温かさ、そして心の内も垣間見れる店主をさゆりさんが控えめだけど、どっしりとした存在感がさすがでした。出演者が豪華でそれぞれが良かったし、みんなこの映画を楽しんでいた感じでした。
 
 こんなカフェがあったら訪れて見たいと思うほっこりとした映画でした。
141018 ふしぎな岬の物語.jpg
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

景品 [日記・雑感]

昔からの友人の結婚祝いに参加しています!

懐かしい人に会えるのはやっぱり嬉しいです(≧∇≦)

そして誕生日祝いと称してビンゴの景品を私に貢いでくれています(笑)

ダイビングがきっかけで結婚したお二人!

沖縄の縁のお土産やお酒など…

私はもちろんお酒を頂きました(笑)

全ての人に幸多かれ!

ありがとうm(_ _)m
141102_1839~01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舞台44 キャラメルボックス『無伴奏ソナタ』 [観劇]

以前にキャラメルボックス『無伴奏ソナタ』を観る。

 アーリータイムスは、キャラメルボックスの初期の作品にもう一度取り組んでみようという企画。今回は、1987年に上演した『北風のうしろの国』のもとになった小説、オースン・スコット・カードの『無伴奏ソナタ』を舞台化します。カードは、『エンダーのゲーム』や『死者の代弁者』などで有名な、現代のアメリカを代表するSF作家。『無伴奏ソナタ』は文庫本でわずか30ページの短編ですが、感涙まちがいなしの傑作です。アーリータイムスの目的は、温故知新。私たちは新たな未来に立ち向かうために、24年前に出会った小説に再び挑戦します。今度こそ、傑作にするぞ!

=STORY=
 すべての人間の職業が、幼児期のテストで決定される時代。クリスチャン・ハラルドスンは生後6ヶ月のテストでリズムと音感に優れた才能を示し、2歳のテストで音楽の神童と認定された。そして、7歳の時、両親と別れて、森の中の一軒家に移り住む。そこで自分の音楽を作り、演奏すること。それが彼に与えられた仕事だった。彼は「メイカー」となったのだ、メイカーは既成の音楽を聞くことも、他人と接することも、禁じられていた。ところが、彼が30歳になったある日、見知らぬ男が森の中から現れた。男はクリスチャンにレコーダーを差し出して、言った。 「これを聴いてくれ。バッハの音楽だ……」

 初演の時に気になって東京まで観に行った作品。今回名古屋で再演してくれたので、やっぱり見たくて名鉄ホールに訪れる。
初演とメンバー変わらず、クオリティーも高く、でもやっぱりちょっぴり切ない話で・・・。
子供の頃に才能(能力)分けを診断されるというの発想も面白く、自分だったら何になっていたのだろうと。「メイカー」「リスナー」「ウォッチャー」など職業のネーミングもなるほどの上手さ!
主人公クリスチャンが家族と引き離され、小さい子供時分からだから、それが当たり前の環境で育つのだが、親としては我が子手放す苦しさなど見てて切ないし、クリスチャンが外の世界を知って禁を犯し、「メイカー」職を解かれても、音楽への接触は止められず、音楽に携わる。しかし罰を受けいずれは、指を切断されてしまう。そんなクリスチャンだが心は誰にも制約することは出来ず自由だった。

 見ててクリスチャン!どうか幸せになってとその純粋さに願うばかり。クリスチャン演じる多田君Fanとして余計に応援に熱が入ってしまう!表現豊かで繊細で本当に素敵なクリスチャンだった。ウォッチャー役の客演石橋徹郎さんも渋く素敵でした。すべてのキャストが最高の舞台を創る目標の為にチームワーク良く創り上げた最高の作品でした。
141009 無伴奏ソナタ.jpg
141009無伴奏ソナタ.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2014年 千秋楽 [舞台]

遅ればせながら遠山事務所二十周年記念公演『薩摩義士伝』の千秋楽を迎える事が出来ました。

3時間を越える超大作、時代劇でしたが、皆様の反応も良く、お見送りでは温かいお言葉をいっぱい頂きました(≧∇≦)

私自身も久しぶりの和モノ舞台でしたが、楽しい時間を過ごせて幸せでした(^O^)

皆様本当にありがとうございましたm(_ _)m

かっこいい衣装や素敵なお花、差し入れ兼1週間早いお誕生日プレゼントなど少しだけUPしますo(^-^)o
141013 ふさ袴.jpg141026_ふさ かつら.jpg141026 薩摩 ダリア.jpg141028 足ぽか.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2014薩摩義士伝 初日 [舞台]

 無事に幕を開ける事が出来ました[わーい(嬉しい顔)]

お客様の笑顔を見れてホッとしています!

長時間の本格時代劇!どうぞ宜しくお願いします!

頑張ります![るんるん]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。